Skip to content

恋人よりもセフレの方が会う頻度は多い?

tumblr_nfr483dc8O1qm7oryo1_500
遠距離恋愛での寂しさを癒すために、恋人以外にもセフレと付き合っている人も少なくありません。
そのような人は、単にセックスで欲求を満たすためでなく、なかなか恋人と会えない寂しさも癒して欲しい傾向にあるのです。

さて、遠距離恋愛ということは、当然恋人と会える回数も限られるわけです。
場合によっては、年に数回ほどしか恋人と会えない可能性もあるわけですし、そうなればより一層寂しさも増すと思います。

その寂しさを癒すために付き合うわけですから、いつでも気軽に会えるような相手と付き合うことになるでしょう。
そのため、恋人よりのセフレの方が、会う頻度は遥かに多いというケースもあるわけです。

また、セックスだけでは癒されない時は、デートをしてもらったり、一緒に家で過ごしたりするなど、割り切り以上の関係を求めることもあります。
もちろん、あくまで本命は恋人ではあるのですが、恋人に近い関係で付き合いたいと思う人もいるのです。

ただ、あまり近い関係になり過ぎてしまうと、本当にその相手が恋人になってしまい、本命の恋人と別れてしまうといった危険もあるわけです。
それを避ける意味では、ほどほどに付き合うのが無難だと言えるのです。

寂しさを癒して欲しい気持ちも理解できますが、あまり依存しすぎてしまうと、それこそセフレがいなくなれば何もできなくなってしまうのです。
それに、ある程度寂しい気持ちがあるからこそ、たまに恋人と出会った時の喜びも大きくなるわけですから、欲求だけでなく全てを癒してもらうのも決して良いことではないのです。

どんなケースであろうが、割り切りはあくまでも割り切りなのですから、その一線を越えるべきではありませんし、まして恋人がいるならなおさら割り切り関係に留めるべきなのです。

どれだけ寂しくても、あまり頻繁には出会わないようにして、セックスの頻度もほどほどにしておくようにしましょう。
その方が、恋人ともセフレとも理想の関係を保ちやすくなりますし、必要以上に依存することもなくなるのです。

あくまでも、欲求を満たしてもらい、少しばかりの寂しさを癒すてもらう程度に留めて、大切な恋人を裏切らないよう、断固たる意思を持つようにしましょう。

Published in秘密の関係